RRR MATERIAL PROJECT(アール・マテリアル・プロジェクト)

CONCEPT

あたらしくないものからも、 あたらしい価値が発見できる。

アール・マテリアル・プロジェクトとは

普段は流通しないサンプルやデッドストックなどの素材から、価値あるものをセレクトして展示&販売し、クリエイティブに活かす活動です。

コンセプトは3つのR

Refind
モノの見方を変えて新しい価値を見い出す。
Recreation
リ・クリエーションで価値の再生を楽しむ。
Relation
ひとの交流から価値あるものを集め引き継ぐ。
これまでのアール・マテリアル・プロジェクト

素材マーケットにひとが集まる

愛知県一宮市を中心とする「尾州」は、現在も海外有名メゾンから国内アパレルまでが多数採用する繊維の産地です。

その歴史を見つめてきたレトロビルで、プロジェクトは2014年から「素材のマーケット」を開催しました。

有志の地元企業約30社から一般に流通していない布地や糸など上質なファッション素材が特別に出品され、初回から半年ごと4回のイベントに全国から約4,000人が来場しました。

2015年には東急ハンズ、名古屋パルコなど外部出展の機会も得て、趣味の手作りからプロのデザイナーまで、多くのみなさんに素材との出会いの場を提供してきました。

これからのアール・マテリアル・プロジェクト

1933年築のレトロビルにショップをオープン

過去4回の会場となった尾西繊維協会ビルは、入居者の移転による解体の危機を免れ、新たに「Re-TAiL(リテイル)」と称して「せんいのまちで、せんいのビル。」をテーマに活用されることになりました。

アール・マテリアル・プロジェクトは、これまでのイベントを基盤に、2016年1月15日からRe-TAiLで常設の素材ショップとしてスタート、産地の素材を中心に、素材を活用してクリエイトされた作品などを展示&販売していきます。
刺繍、ボタン、リボンなど副資材のほか、ディスプレイ、工場備品もマテリアルとして登場し、雰囲気のある空間と共に楽しんで頂けます。

Re-TAiL(リテイル)
愛知県一宮市栄4-5-11
営業時間 10:00 – 18:00
月曜休(祝日は営業)