RRR MATERIAL PROJECT(アール・マテリアル・プロジェクト) title=

RRR MATERIAL PROJECT 2015 A/W

このイベントは終了しています。
このイベントは2015年11月3日に行われたものです。
掲載されている会場名などは開催当時のものであり、現在は変更されている場合もあります。

RRR MATERIAL PROJECT 2015 A/W

2015aw1

一日だけの、
素材マーケット

世界のアパレルが採用する服地の産地「尾州」では、毛織物を中心に、日々さまざまな上質素材が創られています。
アール・マテリアル・プロジェクトでは、一大産地ならではの新旧のサンプルや、ごく小さなキズで出荷されない反物など「眠れる素材」に注目。
価値あるものをセレクトして、新たな価値の創造につなげる、それがわたしたちの目指すところです。

2015aw2

尾西繊維協会ビルは
Re-TAiLに。

会場は、解体から存続へと転じた築82年の尾西繊維協会ビル全館。2016年春より「Re-TAiL(リテイル)」として新しくスタートします。
ビルもひとつのマテリアルととらえ、繊維、ファッション、各種デザインに関するアトリエ&オフィスの集合体とし、現在の素材のマーケットは、ショールームとして常設化します。
詳細情報はWebサイト、Facebookページなどでお知らせします。
一般、学生、作家、デザイナーなど、みなさまのご参加、ご来訪をお待ちしております!!

Go To Top

開催概要

アール・マテリアル・プロジェクト2015 A/W
2015年11月3日(火・祝)10:00〜17:00
尾西繊維協会ビル(愛知県一宮市栄4-5-11
※入場無料(当日の取材等は事前にご連絡ください。)

告知用パンフレットをPDF(約1.1MB)でご用意しています。
RRR2015AW

アクセス

[名古屋方面から]
JR名古屋駅 → 尾張一宮駅(10分) → 徒歩3分
名鉄名古屋駅 → 名鉄一宮駅(15分) → 徒歩3分

[岐阜方面から]
JR岐阜駅 → 尾張一宮駅(9分) → 徒歩3分
名鉄岐阜駅 → 名鉄一宮駅(12分) → 徒歩3分

ご注意:周辺に有料駐車場がございますが、混雑が予想されます。ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

Go To Top

企画・協力

企画 アール・マテリアル・プロジェクト(Kion Studio
協力 (一社)尾西繊維協会、(有)青山繊維加工、(株)インタープラン、オパレックス(株)、(有)カナーレ、川村ニット(株)、木村員毛織(株)、葛利毛織工業(株)、中外国島(株)長大(株)、TEX104、東海撚織(株)東和毛織(株)、中隆毛織(株)、中伝毛織(株)名川繊商(株)日本エース(株)野口(株)堀江織物(株)宮田毛織工業(株)、ミロス(株)、(株)ラカム、リブロ、レインボー(株)、渡彦毛織(合)
後援 (公財)一宮地場産業ファッションデザインセンターナゴヤファッション協会
モデル 鈴村茂樹、小川千雄、山本浩太郎、水野太介
撮影 Kion Studio、夏目圭一郎(SPINFROG?
映像撮影 吉池輝朗(アペルトゼロ)、永田義雄(クローバースタジオ
音響機器 佐藤毅(labo)

ご注意

  • 会場の尾西繊維協会ビルにはエレベーターがありません。同館は階段のみ、段差も多くありますので、ご注意下さい。
  • 会場は築80年を超える古い建物です。ドアや設備などは丁寧に扱って下さい。壁や塗装のはがれた箇所などには、お手を触れないで下さい。
  • 会場はイベント開催日以外は一般開放をしていません。
  • 商品はキズなど状態を確認してからお求め下さい。取扱いや商品については、各出品者におたずね下さい。
    作家作品、レトロ雑貨など、デリケートな品物もありますのでご注意下さい。
  • 商品購入は現金でお願いします。
  • エコバッグをお持ち下さい。
  • 出品者の募集はしていません。
  • 会場内外での事故、盗難ほかトラブルに関して主催者は一切の責任を負いかねます。
Go To Top